最新記事

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

ハンター・バイデン:あのラップトップは「確かに私のものかもしれない」とインタビューで認める

ハンター・バイデン:あのラップトップは「確かに私のものかもしれない」とインタビューで認める

4月2日インタビューに応じるハンター・バイデン(Screenshot via CBS)

この記事をシェアする

4月2日(金曜)にCBSと行われたインタビューで、ハンター・バイデンは昨年10月ニューヨークポスト紙がスクープ報道した「地獄からのラップトップ」は、「確かに私のものかもしれない」と認める発言を行った。このラップトップには、違法なビジネス取引が行われていたことを示す資料やeメール、そして膨大な性的画像や動画(その一部には未成年が写っていると報じられていた)が含まれていた。

 

CBSの番組“Sunday Morning”とのインタビューに応じたハンターは、デラウェア州のコンピュータ修理店に2019年4月に預けられたマックブックProが彼のものかどうか、「YesかNoか?」と質問を受けた。(当初、ニューヨークポスト紙がこのラップトップの中身について報じたところ、ツイッターは2週間以上にわたってこのラップトップについての記事を投稿することもリツイートすることも禁止した。中には、ツイッターのDMでの共有が禁止されたケースもあったと報じられた。)

 

ハンターはインタビューの中で、この水没したマックブックProについて次のように語っている:

その質問への回答がどのようなものになるか、私は本当に知らないんだ。それが真実の回答だ。全く見当もつかない。

 

この問題となっているマックブックProは、最終的にFBIが押収している(これを押収するための召喚状には、FBIで児童ポルノ捜査部門のトップが署名している)。

 

しかし、このラップトップが彼の所有物である可能性があるかについて質問されると、彼は「もちろん」と答えている:

もちろん、私から盗まれたノートパソコンがあるかもしれません。私がハッキングされたのかもしれないし、それはロシアの諜報機関だったのかもしれない。それは私から盗まれたものかもしれません

 

CBSの“Sunday Morning”公式アカウントが、このやり取りが行われた箇所のインタビュー予告動画を投稿している:

【訳】ラップトップはハンター・バイデンがチャイナとウクライナで行っていたビジネスの利害関係を暴露していると報じられてから何ヶ月も経過し、大統領の息子はトレイシー・スミスに、あのラップトップが彼のもの「であるかもしれない」と語った。

 

今週末、CBSSundayでインタビューの全編をご覧ください。

 

【過去に掲載した関連記事】

【スクープ報道】ハンター・バイデンは副大統領の父親ジョー・バイデンをブリズマ社の重役に紹介していた|決定的証拠eメールをNYポスト紙が入手

 

【NYポスト砲・第2弾】ハンター・バイデンはチャイナから「紹介料」だけで数百万ドルを受け取っていた|新たに公開されたeメールはチャイナとの不正取引の詳細を記す

【続報】ツイッターはNYポスト紙の記事を「危険」とし共有することを禁止→後に同紙公式アカウント@nypostを利用停止|ジョー・バイデンはブリズマ社の重役とは会っていないと報道を否定→その後、非公式の面会をした可能性は否定せず

ハンター・バイデンのラップトップをFBIに通報したコンピュータ機器修理店主が、FOXニュースのインタビューに答える|「これをうちの店舗には置いておけないと思った」

ルーディ・ジュリアーニ元NY市長、「バイデン犯罪一家」の「秘密のテキスト」をさらに公表すると約束

 

ハンター・バイデンは対諜報活動や強要に関与した懸念と、売春・人身売買組織にも関わっていた可能性がある|米上院議会が調査報告書を公開

BonaFidrをフォロー
error: コンテンツは保護されています。