オールドメディアが伝えない海外のニュース

イタリアの国会議員がビル・ゲイツ氏を『人道に対する罪』で提訴するよう要請|米食品医薬品局はゲイツ財団が出資する新型コロナウイルス検査プログラムを一時停止

イタリアの国会議員がビル・ゲイツ氏を『人道に対する罪』で逮捕するよう要求|米食品医薬品局は、ゲイツ財団が出資する新型コロナウイルス検査プログラムを一時停止

ビル・ゲイツ氏 (Photo via Flickr)

 

ビル・ゲイツ氏は、ゲイツ財団の全てのリソースを新型コロナウイルス(武漢ウイルス)対策に集中させると発表している。さらに「チャイナは数多くの正しいことを行った」と親中姿勢を隠さない一方で、WHOへの拠出金を一時停止したトランプ大統領を批判している。

 

ゲイツ氏がこうした発言を行ってから約1ヶ月後、米連邦政府機関の一つ食品医薬品局(FDA)は、ゲイツ財団が支援している『シアトル・コロナウイルス査定ネットワーク(Seattle Coronavirus Assessment Networks: SCAN))』の活動を一時停止する通達を行っている。これをニューヨークタイムズ紙が5月15日に報じた

 

『シアトル・コロナウイルス査定ネットワーク(SCAN)』は、シアトルを拠点に活動する新型コロナウイルスの検査プログラム。食品医薬品局(FDA)はSCANに対するその通達の中で次のように記している:

 

適切な認可を受けるまで、患者への検査、そして診断結果を患者たちへ返却することを中止していただきたい。

 

一方、『シアトル・コロナウイルス査定ネットワーク (SCAN)』は、5月14日に自らのウェブサイト上でFDAから検査活動を「一時停止」する要請を受け取ったことを公表している。この中で、SCANは次のように記している:

 

(FDAは)最近、COVID-19の検査を行うために自宅で個人が自ら検体を採取することに関して、ガイダンスを明確化した。我々は、各個人が自ら検体を採取して行う検査の結果を(個人へ)送付するには、別途、連邦政府に対して緊急利用認可(EUA)が必要であるという通知を受けた。

 

FDAは、SCANが行っている検査の安全性や精度については一切懸念していないが、我々が追加の認可を受けるまで検査を一時停止するよう要請した。

 

しかしFDAの広報官は、ニューヨークタイムズ紙の取材に対して、自宅で検体を採取し行う検査キットには、「FDAが審査する必要があるような安全性と精度に関するいくつかの懸念がある」と語っている。

 

* * *

 

これまでにも、ビル・ゲイツ氏と彼のゲイツ財団が推進している発展途上国へのワクチン投与などの医療プロジェクトについて、その非倫理的な問題点が数多く指摘されている

 

今月には、ナイジェリアで強制的に新型コロナウイルスのワクチン投与を実施する見返りに、ビル・ゲイツ氏はナイジェリアの国会議員たちに合計1000万ドルの賄賂を提示していたことが明らかとなり、ナイジェリアで大論争に発展していると報じられている

 

さらに今月、イタリアの国会議員が、ビル・ゲイツ氏を逮捕するようイタリア議会に登壇し要求した。GreatGameIndiaがこれを報じた

 

イタリアの国会議員であるサラ・クニアル(Sara Cunial)議員は、ビル・ゲイツ氏が「ワクチン犯罪」を行っていると非難し、イタリア議会はゲイツ氏を人道に対する罪で国際刑事裁判所に提訴するよう要求した。クニアル議員は、ゲイツ氏がインドやアフリカで行っているワクチン普及運動について、その内実を暴露する発言を行なっているほか、ID2020と呼ばれるデジタルIDプログラムによって人類にチップを埋め込もうとする計画についても糾弾している。

 

約7分間にわたって行われた国会演説の中で、クニアル議員はイタリアが「偽りの科学に対する聖なる宗教裁判」を受けていると語った。彼女の演説は議会で賛同の拍手を浴びている。

 

クニアル議員は、この演説の中で、グローバリストによる計略を推進するために、イタリア国民に対して不必要な都市封鎖(ロックダウン)が行われているという批判も行なっている。さらに、他の国会議員たちに対して、腐敗したエリートの支配に屈して新型コロナウイルスのワクチンを強制投与しようと国民を説得するいかなる計画も阻止するよう呼びかけた。

 

この演説の中でクニアル議員は次のように語っている:

 

今では我々全員が知っている。ビル・ゲイツは、2018年にすでにパンデミックを予言しており、2019年10月に開催された「イベント201」において(スイスの)ダボス(会議)と共にそのシミュレーションを行なっていた。ゲイツは、数十年間にわたって人口削減政策に取り組んできており、農業、技術、そしてエネルギー分野で主導権を握るために世界の政治を独裁的にコントロールしようと活動している。

 

ゲイツが行ったスピーチを文字通り紹介しよう。彼は次のように語っている:

 

もし我々がワクチン、保健医療、生殖について良い仕事をすれば、我々は世界の人口を10〜15%削減することができる。大量虐殺だけが世界を救うことができる」。

 

・・・(中略)・・・

 

我々人民は、あなた方(グローバリスト)が我々全員を抑圧できないよう、対抗の炎を拡大させるだろう。

 

私は大統領に(我々人民の)代弁者となるよう要請し、そして我らがコンテ首相に次のように提言することを要請する:親愛なるコンテ首相、次回、あなたが慈善活動家のビル・ゲイツから電話を受け取った時は、人道に対する罪で、彼の電話を直接、国際刑事裁判所に転送していただきたい。もしあなたがそうしないのならば、犯罪者からの命令を受ける「友人弁護士」であるあなたを、我々がどのように命名すべきかご教示いただきたい。

 

 

以下の動画はサラ・クニアル議員が国会でこの演説を行う様子:

 

 

 

 

【関連記事】

ビル・ゲイツ氏、「チャイナは数多くの正しいことを行った」と中共政府を擁護しアメリカ政府によるコロナ対策を批判|専門家たちからも疑問視されるゲイツ財団

【論説】グローバリスト、ビル・ゲイツによるワクチン普及プロジェクトに隠された意図:製薬会社とワクチン接種の義務化はウィン・ウィンの関係

WHO、武漢ウイルス研究所、ゲイツ財団のeメールアドレスとパスワードがネット掲示板4chanに大量に投稿される|武漢研究所のイントラネットと思われる画像には「HIVの一塩基変異多型をコロナウイルスに挿入する」

 

コメントを残す

最新記事

アーカイブ記事

BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

error: コンテンツは保護されています。