BonaFidrをフォロー

ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

ツイッター社、正式な大統領選挙結果が決まる前に勝利を主張するいかなるツイートも「誤情報」認定もしくは削除すると発表

ツイッター社、正式な大統領選挙結果が決まる前に勝利を主張するいかなるツイートも削除すると発表

Photo via Flickr

ツイッター社は、9月10日(木曜)、同社が行っている言論統制をさらに拡大すると発表した。今年11月3日に行われるアメリカ大統領選挙で、正式な選挙結果が承認される前に特定の候補者が勝利したと主張するいかなる投稿に対して、同社は「誤情報」の標識を付けるか、もしくは投稿そのものを削除すると発表した。

ツイッター社の英語版の公式ブログは次のように発表している

2020年の選挙で人々の投票方法に関する状況が変化していることを鑑み、そして大統領選挙に関する(ツイッター上での)会話の正確性を守ることに対する我々の義務と責任に則って、我々はこの既存のフレームワークを拡張する。その目的は、投票を抑圧しうるコンテンツからの防衛をさらに強化することであり、選挙やその他の公の手続きの完全性を毀損しうる有害なデマ情報について、それが拡散することを阻止する一助となることである。・・・

我々は、選挙もしくはその他の公の手続きに対して一般の人々の信頼を傷つけることを意図した誤った情報や誤解を招く情報に標識をつけるか、それらを削除することを来週から開始する

・公の手続きに関する法律や規制、もしくはこれら公の手続きを実行する公職者および機関について、混乱を引き起こす、誤った又は誤解を招く情報。

・その手続きそのものに対する信頼性を傷つけうる、真偽が問われている主張。例:不正選挙、投票用紙の改竄、開票、または選挙結果の認定について、信憑性が未確認の情報。

・公的な手続きの結果を履行するのに介入を要する、もしくは介入を引き起こしうる、そうした結果に関する誤解を招く主張。例:選挙結果が正式に決まる前に勝利を主張すること、平和的な政権移譲もしくは禅譲を妨害するために違法行為を煽ること。

(太字強調は訳者)

ツイッター社によるこうした動きは、郵便投票を数え終わるのに時間がかかるため、アメリカ国民は今年の大統領選挙の結果が正式に発表されるまで何週間も待たなければいけないだろうとするメディア報道と連動しているようだ。(郵便投票は不正投票の温床になると、特に共和党支持者の間で危惧されている。)

ツイッター社の今回の発表は、再選するのに十分な得票数を勝ち取ったとトランプ大統領自らが勝利宣言するツイートが、ツイッター社によって削除される可能性があることを意味している。この数ヶ月間で、ツイッター社はすでにトランプ大統領が投稿したいくつかのツイートを削除している。

先月ツイッター社がトランプ大統領のツイートに不正確な情報が含まれている可能性があるとして「フラッグ」を付ける事態が発生したとき、Summit Newsの政治コメンテーターは、皮肉を込めて次のツイートを投稿している:

【訳】SNS企業がアメリカ合衆国大統領よりも権力があることを思い知らせる、また新たなメッセージ。

【関連記事】

トランプ大統領の再選確率が急上昇|民主党側は郵便投票で選挙結果を覆す計画

ツイッター社が「シャドーバン」を行うため利用している社内管理ツール画像が漏洩?|ハッカーがスクリーンショット画像をメディアにリーク

抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンは新型コロナの治療と予防に有効と声を上げる医師や専門家が、次々とメディアによって言論封殺される|Dr.ファウチや既得権益がその有効性を否定する理由とは?

ツイッター社が中共のプロパガンダ活動を擁護|米国務省が特定したチャイナの情報工作網によるアカウントを閉鎖することを拒否

ツイッター社の取締役に新たに就任した中華系AI専門家は『千人計画』に名を連ねる人物か?|ホワイトハウスに調査を要求する嘆願書が提出される

コメントを残す

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!
error: コンテンツは保護されています。