ニュースレター登録

Loading

オールドメディアが伝えない海外のニュース

ジョージア州のラッフェンスパーガー州務長官をスパイ活動取締法違反で捜査照会を行う計画との報道——トランプ大統領との電話会議の音声データをワシントンポスト紙にリークした件で

ジョージア州のラッフェンスパーガー州務長官をスパイ活動取締法違反で捜査照会を行う計画との報道——トランプ大統領との電話会議を記録した音声データをワシントンポスト紙にリークした件で

ジョージア州のブラッド・ラッフェンスパーガー州務長官(左)(Photo via Flickr)

【この記事の短縮URL】 https://bonafidr.com/HSrSI (『https://』は省略可能です)

大統領選挙結果の認証をめぐって、トランプ大統領と対立しているジョージア州のブラッド・ラッフェンスパーガー州務長官は、1月2日(土曜)にトランプ大統領と行った電話会議の音声データをワシントンポスト紙にリークした。

 

この情報リークを問題視したホワイトハウスは、スパイ活動取締法という国家安全保障を根拠に、ラッフェンスパーガー州務長官への捜査照会をシークレットサービスに行う計画であると、保守派メディアであるザ・フェデラリストのジャック・ポソビエック記者が報じている:

【訳】新情報:ホワイトハウスは、ワシントンポストに情報をリークしたブラッド・ラッフェンスパーガーを、スパイ活動取締法という国家安全保障を根拠に、シークレットサービスへ捜査を行うよう照会する計画。

 

また、ジョージア州の共和党議長であるデービッド・シェイファー氏は次の投稿を行っている:

【訳】トランプ大統領はジョージア州の州務長官に対して——連邦政府と州政府で——2件の訴訟をすでに起こしている。ジョージア州の州務長官が秘密に録音した電話会議は、いまだ懸案中であるその訴訟についての「部外秘の和解交渉」であった。

 

ワシントンポスト紙によって公表されたこの音声は大幅に編集されているほか、全ての交渉は訴訟を解決するという目的のためであり、連邦法と州法の下、部外秘扱いであるという条項を怠っている。

 

* * *

 

この電話会議の音声データを入手した、反トランプの急先鋒であるワシントンポスト紙は、3日(日曜)、その会議で行われたトランプ大統領の発言を故意に文脈から抜き出して報じ、トランプ大統領がラッフェンスパーガー州務長官に選挙結果を改竄してトランプ勝利となるよう要求していると報じた。

 

日本のオールドメディアも、ワシントンポスト紙の捏造記事をそのまま垂れ流すという惨憺たる状況だ:

 

【時事】米大統領選結果改ざん要求か

 

【読売新聞】トランプ大統領、ジョージア州政府高官に敗北覆すよう電話で圧力か…米紙報道

 

【産経新聞】【米大統領選】トランプ氏、敗北覆すのに十分な「票を見つけろ」 南部ジョージア州高官に選挙結果の改竄要求か

 

【テレ朝】トランプ氏 州高官に大統領選結果の“改ざん”要求

 

【テレ東】トランプ大統領、ジョージアの選挙結果改ざんを要求か

 

【日本語版ロイター】トランプ氏、ジョージア州高官に圧力 大統領選結果改ざん要求か

 

しかしこの1時間におよぶ電話会議の音声データが公開されると、ワシントンポスト紙が記事を捏造していたことがすぐに明らかとなっている

 

ワシントンポスト紙が公開した音声データの一部:

 

この実際の音声データの公開を受けて、ワシントンポストの嘘をすぐさま指摘する投稿が複数行われている:

 

【訳】*メディアは腐敗している*

 

私は完全版の音声を聞いたところだ。

 

メディアが描こうとしていることとは全く逆の内容だ。

 

この電話会議には、両者から弁護士も参加していた。アメリカの大統領がいかなる不当なことを要求したという考えそれ自体が、完全に気が狂っている。

 

さらなる詳細を続けて投稿する・・・

 

【訳】最初に:この電話会議には、両者から弁護士も参加していた。つまり、大統領がラッフェンスパーガーに何かひどい不正行為を行うよう要求するという考え自体、一見してばかげたことだ。

 

【訳】重要な文脈

 

トランプ・チームは、何十万票という違法な投票についての証拠の詳細を説明し、「これは、ドミニオン社(の投票機械)で起きた可能性がある問題は含んですらいない」と語った。しかし(ジョージア州での上院2議席の決選投票と大統領就任式まで)残された時間を考えると、彼らは20万票以上の違法票のうち(バイデン候補との得票差である1万1779票に1票だけ多い)1万1780票を探し出す必要があると語った。

 

【訳】トランプ・チーム:連邦/州政府のデータと投票者情報を提供し、数万票の違法投票があったことを示した。

 

ラッフェンスパーガー:トランプ・チームは不正確であると語り、しかしトランプ・チームが不正確である理由に関してその理由や根拠となるデータを提供することを拒否した。

 

【訳】トランプ大統領とジョージア州のラッフェンスパーガー州務長官との間で行われた電話の*最後の1分間を聞いて*

 

トランプ大統領:「我々はただ真実を求めている。真実を明らかにさせろ」

 

【訳】トランプ・チームは、ジョージア州の(州務長官)事務所に、なぜ彼らの違法投票分析が(トランプ・チームの分析と)異なるのか、一緒にデータを調べることを要請した。

 

ジョージア州の州務長官事務所は、彼らがそのデータを共有できるかはわからないと回答した。

 

トランプ大統領は(大げさに)次のように返事をした:「・・・しかし、あなた方はいんちきな選挙を行うことはできるのか?」

 

【訳】トランプ・チーム(の弁護士):彼は(6回)、ジョージア州の州務長官室に「内部の数字(データ)」を要請したと語った。

 

ラッフェンスパーガー・チーム(の弁護士):「法の下、我々は提供することが許されていないものがある」

 

トランプ大統領:「法の下、あなた方は、欠陥のある選挙結果を宣言することは許されていない!」

 

【訳】重要な文脈(「1万1780票が必要」と言ったことについて)

 

トランプ:彼はドミニオン社に「合格」を与えるつもりはないと説明した上で、しかし(この電話会議では)彼はこのことを取り上げる必要はないと語った。その理由は、彼らが必要としているのはたった1万1780票であり、それよりもずっと多い(違法票の)証拠を彼らが既に提示しているためだと語った。

 

【訳】トランプ・チーム(の弁護士):2万4000票以上の違法票を示している「確かな数字」を彼らが持っていることを説明し、彼らはこれら数字を、3人以上の専門家および公認会計士たちと確認したと語った。

 

そして彼は、両者が同席してともに数字を確認するという、明白に筋の通った要請を行った。

 

【訳】

 

次の話題は・・・

 

―トランプ大統領は、州務長官の弁護士が嘘をついているのを見抜いたようだ

 

―トランプ大統領は、彼(および彼のチーム)は(不正投票を示す)非常に不利な証拠を持っていることを表明した(それはまだ公表されていないが、まもなく公開される)

 

―投票用紙をシュレッダーにかけたことについて

 

【訳】

トランプ大統領は、ラッフェンスパーガーの弁護士に、ドミニオン社は現在、フルトン郡にある同社の投票機械の部品を取り除いているのか(そしてそれらを別の部品と置き換えているのか)質問した。

 

ラッフェンスパーガーの弁護士:「いいえ」

 

トランプ:「本当に?」

 

ランフェンスパーガーの弁護士:「確かです」

 

(どうやったら、彼は「確実」と言えるのか?)

 

↓次のツイートにその動画↓

 

【訳】そしてトランプ大統領は、ラッフェンスパーガーの弁護士に投票用紙がシュレッダーにかけられたことについて質問した。

 

ラッフェンスパーガーの弁護士:「唯一行われた調査は、コブ郡における問題についてだけだった。彼らは通常のオフィス業務のシュレダー作業を行なっていただけだ/彼らは過去の選挙からの古い書類を廃棄していただけだ」

 

トランプは的確に返事した 😅↓

 

【訳】票の水増し

 

トランプ大統領は、投票機械を使って票の水増しを行っている人々を撮影した動画について、ラッフェンスパーガーを問い詰めた。特に、(拡大表示された動画で)一つの事例について。これだけで、最大1万8000票の水増しが行われた可能性がある。この人物の名前はピー音で消されている。しかし、私たち全員、これが誰か知っているのはほぼ確実だと思う。(*)

 

(*ここでも報じたルビー・フリーマンさんのことを指していると思われる。)

 

そしてハンター・バイデンの「地獄からのラップトップ」については、「違法に入手された」情報という理由で厳しい検閲を敷いたツイッター社やフェースブックも、トランプ大統領については違法にリークされた情報や、完全にでっち上げられたデマ情報でも、自由に情報拡散することを放置している。

 

BonaFidrをフォロー

コメントを残す

error: コンテンツは保護されています。